事務所内装スケルトン解体の事例紹介【大田区中丸子】|東京・埼玉、解体のことなら 株式会社リプロ

事務所内装スケルトン解体の事例紹介【大田区中丸子】|東京・埼玉、解体のことなら 株式会社リプロ

メニューを開く

お電話でのお問い合わせ

職長ブログ

2020/11/17

事務所内装スケルトン解体の事例紹介【大田区中丸子】

事務所内装スケルトン解体の事例紹介【大田区中丸子】

目次

  1. 残置物処分
  2. 天井解体
  3. 間仕切壁解体
  4. 床組解体・キッチン・トイレ撤去
  5. 外周躯体面の内装材撤去
  6. エアコン撤去
  7. 不用電気配線・給排水管類処理・その他アクセサリー類撤去
  1. リプロでは正確なお見積もり算出を目指します
  2. オーナー様・借主様・不動産会社様の撤去範囲の認識不一致

今回の内装撤去の作業内容


こんにちは!内装解体の職長です!

今回は、事務所の内装解体の事例を紹介していきたいと思います。

場所:東京都大田区中丸子
構造:鉄骨造3階建て
用途:1階がテナント事務所、2階・3階部分が賃貸マンション

1階部分で使われていた、広さ90m2の事務所の内装撤去工事を施工させていただきました。

移転されるにあたり、現状のテナントスペースのスケルトン解体が必要になり、弊社のHPをご覧になってお問い合わせいただきました。

残置物処分

デスクや収納はそのままダンプに乗せるよりも、ばらしてからの方が産廃運搬費用を抑えることができるのがポイント

まずは、事務所を移転される中で、不用になったデスクやキャビネット・収納棚類を解体して搬出しました。

組立て式のものが多かったので、インパクトドライバーとバールを使用し、小払ししました。

細かくすることで、ダンプに一度に多く積込みをすることが出来ます。

解体しないで(解体の手間を省いて)そのまま積込をすることもできますが、バラさなければ3台の運搬のところ、今回は解体すれば2台で分別搬出できそうでしたので、パパッと小払しを行いました。

天井解体

バールで下地を壊していく前に、天井の中の引っかけてしまいそうな配線を目視するのがポイント

不用品の片付けが終わったら、天井解体から手をつけました。

天井は、軽天下地にボードまたはジプトーンの一重張りでした。下地まで全て撤去予定でしたので、バールでボードとジプトーンを撤去して集積しました。

仕上げ材の撤去を終わらせ、軽天下地だけにして天井内部の状態を確認します。

下地を撤去するにあたって、引っかけてしまいそうな配線や配管類がないか目視しました。もし、ここで目視をせずにいきなりバールでぶっ壊していってしまうと、天井の中の配線をダメにしてしまう可能性があるからです。

問題が無いことを確認して、バールを利用して軽天下地を撤去していきました。吊りボルトまで撤去する指示でしたが、この段階では敢えて吊りボルトはあらかた残しておきます。

吊りボルトに天井裏にあった電気配線類を吊るしておいて、その後の作業に影響がないようにします。

この時点で配線類をぶら下げてしまうと、足に引っかけたりして転倒する恐れもありますし、配線を引っ張ってしまい断線・ショートをおこしたりしてしまいます。

この辺りも早く壊そうとして、ハマってしまう落とし穴です。起こりうるリスクに備えて丁寧な施工を心がけていきます。

間仕切壁解体

天井の処理が終わったら、間仕切り壁や建具類を撤去しました。

こちらもスタット下地にボードが一重張りでしたので、何の問題もなく解体できました。あらかた壁の解体が終わったら、ミニキッチンとトイレの水廻りを撤去しました。

この段階で、床の上はゴミだらけになっています。もし、そのまま床材の撤去を行うと、現場はぐちゃぐちゃになって搬出を行うことになるので、騒音・粉塵のトラブルを引き起こすこともあります。

この時点で、床の上には軽天・スタットの鉄くず類、ボード類、その他の混合廃棄物類が少々、各所に集積してあります。

床を解体するにあたって、一度ここで解体したものを搬出してきれいにしました。品目ごとに分別して積込み、各中間処分場に搬入しました。

床の上は、軽く掃き掃除までして、床を解体するにあたって支障がないようにしていきます。とにかく、丁寧に段取りをして安心・安全施工を心がけていきます。

床組解体・キッチン・トイレ撤去

床は木下地にコンパネで組んであり、仕上げ材にタイルカーペットやクッションフロアを使用してありました。仕上げ材を最初に撤去して、続いてコンパネをバールで撤去していきました。


コンパネは下地に釘で打ち付けてあっただけでしたので、バールだけで撤去できました。

ビスで打ち付けてあったり、バールのテコだけで上がってこないほど、しっかりと打ち付けてある場合は、インパクトドライバーや丸鋸を併用して撤去していきますが、今回はすんなり上がってくれて良かったです。

床組の解体が終わったら、解体したものを搬出しました。

外周躯体面の内装材撤去

内装材の撤去は、あとは外周面のクロス剥がしのみです。

こちらの建物は内部の外周の躯体面はモルタルで一度覆われており、直接クロスを貼ってありました。スクレーパーとカッターナイフを使いクロスを剥がしていきました。

エアコン撤去・不用電気配線・給排水管類処理

内装材の撤去が完了した後は、いつもお世話になっている電気屋さんとフロン回収業者さんに現場に入ってもらいました。エアコンのフロンガスを回収してもらい、不用な電気配線の処理をしてもらいました。

フロンガス回収が完了したエアコンの内機・外機を撤去し、今回は冷媒管をそのまま残すということでしたので、再利用できるように電気屋さんに処理してもらいました。電気配線は不用線を撤去してもらい、誘導灯類は残しました。

配線の処理が終わった段階で、残しておいた吊りボルトやアクセサリー類を撤去しました。撤去したものを搬出したら解体作業は完了です。

リプロでは現地調査を必須とさせていただく理由

リプロでは正確なお見積もり算出を目指します

最終清掃は、掃除機を使用しダメを確認しながら行いました。今回は人数と車両を予定より多くまわせたため、予定工期より短く5日間ほどで完了することができました。

また、搬出の条件が良かったことも工期を短くすることができた要因です。

作業フロアが1階でかつ 出入り口の目の前に工事車両を駐車することができましたので、解体材を搬出する手間が少なく済みました。

やはり搬出の条件は大事です。施工階が3階でしかも階段で搬出だったとしたら、確実に人数も多くかかりますし、工期も1日から2日長くなっていたと思います。

この辺りも、現地調査を行うことで、正確なお見積もり算出ができるのです。

よくお問い合わせでいただくのは、

「概算でいいから、とりあえず価格出してよ」
「相場でいくらなの?」

というご依頼が多いのですが、この業界では、まず概算でなんて数字は出せません。

搬出経路が違えば、現場ごとにかかる日数・作業員の数は異なりますので、費用は大きく変わって来ます。

リプロでは現地調査で、しっかりと根拠のあるお見積もり算出に努力しております。

オーナー様・借主様・不動産会社様の撤去範囲の認識不一致

内装の解体のお問い合わせをいただく際には、、、

「スケルトン解体でお願いします」とよくご依頼をいただきます。

ところが、この「スケルトン解体」という用語の認識のあいまいさが、トラブルの多くを引き起こします。

というのは、今回は実は、当初はスケルトン解体ということで、外周面のボードを全て撤去する予定だったのです。

スケルトン解体というと、本当に何も残っていない状態にすることをスケルトン解体というのです。

意外とオーナー様自身や借主様自身、残すべきもの・撤去すべき部分や、ご自身で後付けした内装ボードなどを共有できていないことが多いのです。

いざスケルトン解体をしてみると、、、

オーナー様からは、「ここは残してくれるんじゃなかったの?」
借主様からは、「ここって撤去するはずなのになんで残っているの?」

など、施工範囲の認識の不一致から、トラブルが起こってしまうのです。

弊社では貸主の方と借主の方との作業内容の確認は必須だと考えます。

原状回復工事の場合、借主の方が私たちのお客様になることが多いです。最初の状態の記憶が曖昧で、スケルトンにするように言われていると話されます。

このスケルトンという言葉が実は微妙で、私たち専門業者からしたら「スケルトン=内装材を全て撤去して躯体をむき出しする」なのです。

営業が現場調査の時点で、撤去範囲を詳しく伺うのはこのためです。

まとめ

今回のお客様は、当社のホームページをご覧いただきお問合せ頂いたようです。

事務所移転に伴う案件でしたが、お客様のお力になれて良かったです。

ありがとうございました!

RIPRO TEL and MAIL CONTACT 最短 即日対応します!

お電話の方は「HPを見たのですがお見積りお願いします」とお伝えください!

お電話受付時間 9:00〜18:00

見積フォーム

見積フォーム

見積フォーム

お電話の方は「HPを見たのですがお見積りお願いします」とお伝えください!

見積フォーム

ページの先頭へ戻る