前面道路の狭い木造住宅の解体の流れを事例で紹介【気をつけたいポイントを解説】|東京・埼玉、解体のことなら 株式会社リプロ

前面道路の狭い木造住宅の解体の流れを事例で紹介【気をつけたいポイントを解説】|東京・埼玉、解体のことなら 株式会社リプロ

メニューを開く

お電話でのお問い合わせ

職長ブログ

2024/01/19

前面道路の狭い木造住宅の解体の流れを事例で紹介【気をつけたいポイントを解説】

前面道路の狭い木造住宅の解体の流れを事例で紹介【気をつけたいポイントを解説】

<解体業者が教える3つのポイント>
・狭小地ならではの特徴を解説
・前面道路が狭い場合に注意すべき項目を解説
・実際の解体作業を画像付きで解説

目次

1 前面道路が狭い住宅解体の特徴

 1.1 躯体解体で重機が入らないため解体費用が高くなりがち

 1.2 交通誘導員の設置が必要になるため解体費用が高くなりがち

 1.3 近隣の住宅と接しているため騒音・振動トラブルになりがち

2 前面道路が狭い住宅の解体工事の流れ

 2.1 外壁材のアスベスト検体検査

 2.2 養生・屋根材・内装材撤去

 2.3 2階部分の躯体手壊し解体

 2.4 1階重機躯体解体

 2.5 基礎解体

 2.6 試掘

 2.6 整地

3 鉄骨造の倉庫はどこに解体を依頼すればいいの?

前面道路が狭い住宅解体の特徴

こんにちは!

リプロの躯体解体の職長です。

こちらは、HPからお問い合わせをいただいた杉並区の木造住宅の解体でした。

以前は借地権で住宅を建てられていたのですが、解体して更地にされて地主さんに土地をご返却されるとのことで、弊社が解体を行わせていただきました。

前面道路の向かいの銭湯は、マジックなどでTVで良く出てくるみたいで、住宅街の狭い路地の中に銭湯があるような昔懐かしさを感じるエリアでした。

今回の解体おいて注目すべきポイントは、実はその前面道路の狭さでした。

建物の解体で、前面道路が狭いと、解体費用にどのような影響があるのか、それぞれ解説していきたいと思います。

実際の解体費用の見積りは、下記のブログで公開していますので、ご興味ある方はご覧ください。

前面道路が狭い木造住宅の解体費用の見積り公開【見積り費用を項目別に解説】

躯体解体で重機が入らないため解体費用が高くなりがち

前面道路が狭いと、解体業者が一番気にするのは、重機を現場まで回送できるか、また道路に入って降ろせても、重機を動かして解体できるスペースがあるかどうかどうかです。

どうしても、前面道路が狭い場合、2tトラックなどに積載して、いわゆるミニユンボと言われるとても小さいサイズの重機の回送になることが多いです。

ミニユンボの場合、屋根や2階部分までアームが届かないことがあるので、2階部分までは手壊し解体になってしまい、その分の人工代の作業費用が上乗せされてしまうのです。

また、前面道路が狭いとスペースも限られた狭小地が多いので、重機を動かせるスペースの確保が難しくなり、1階部分の半分くらいは手壊し解体になるいことが多いです。

躯体の解体はできるだけ重機の稼働時間を増やすことが、解体費用を安く抑える秘訣になりますが、このように前面道路が狭いと、解体費用はざっくりですが20~30万円程高くなる傾向(解体面積によって費用は異なる)にあります。

交通誘導員の設置が必要になるため解体費用が高くなりがち

次に気になる点は、交通誘導員の配置が必要になるかどうかです。

住宅のサイズが小さくても、手壊し解体が多い場合や、ダンプの入るスペースがなく、解体材の搬出に時間がかかってしまう住宅の解体は、長いと4週間ほどかかってしまいます。

その間、近隣の方が常に使われる生活道路に、危険な解体材が剥き出しになってしまっていることも。もしものことがないように、リプロでは解体期間中は、しっかり交通誘導員を設置するように心がけております。

交通誘導員の配置に、1人工28日稼働と計算すると、それだけで56万円もの金額が見積もりに上乗せされてしまうことになります。

近隣の住宅と接しているため騒音・振動トラブルになりがち

「木造住宅だったらどの解体業者に頼んでも大丈夫でしょう。」

そんなことはありません。

もちろん木造住宅は、使用する重機もアタッチメントも特別なものではないので、最近増えてきた外国籍の解体業者さんでも解体することができると思います。

ですが、前面道路の狭い狭小地の場合、隣の住宅との距離が非常に狭いことがほとんどです。

この場合、かなり慎重に解体作業を進めないと、騒音・振動トラブルが発生する可能性が高くなってしまうのです。

狭い道路の狭小地の場合、もし、多少解体材が崩れても大丈夫だろうとされるスペースがないので、屋根材の撤去、2階部分の外壁の手壊し解体や、躯体の重機解体なども隣地にもしものことがないように慎重に進める必要があります。

この辺りで、シビアな解体施工管理と重機操作が必要になるので、もし近隣トラブルに不安がある場合は、できる限りこれまでしっかりと実績がある解体業者に依頼されることをおすすめします。

最近では、建設業の職人不足から解体業界では特に外国籍の職人さんも増えてきていて、最近ではニュースでしばし見るようにもなりましたが、日本のルールや重機操作に慣れていないまま、強引に解体作業をしているような現場もよく見かけます。

ぜひ、信頼できる解体業者さんを1社見つけてみてください。

前面道路が狭い住宅の解体工事の流れ

外壁材のアスベスト検体検査

住宅の解体においても、最近はアスベストの検体検査が必要になっています。

解体材の中に、アスベスト含有建材あ含まれる可能性があれば、事前に検体検査を行なっています。

今回は、外壁塗膜にアスベストが含まれている可能性があったので、検査をかけましたが、結果は含有なしとのことだったので、無事にそのまま工事を進めることができました。

養生・屋根材・内装材撤去

まずは、防音シートで養生を建物全体を覆うようにかけていきます。

特に隣地との隙間がとても狭かったので、解体材が隣地に落ちてしまうなんてことは絶対ないように、養生には気をかけながら行なっていきます。

また、屋根材、内装材を先行で撤去していきました。

2階部分の躯体手壊し解体

続いて、2階部分の内装がない状態になって、サンダー、セーバーソー、音の少ない電動チェーンソーを使用しながら、職人の手壊しを進めていきます。

手壊し解体は、手際良く進めないと工期に遅れが生じてしまうので、段取り良く進めていきました。

1階重機躯体解体

続いて、1階部分も半分程度は手壊し解体を進めて、やっと重機を入れることができました。

あらかた躯体の解体は済んでいたので、重機作業は、スムーズに進めることができました。

基礎解体

基礎解体を重機で行なっていきます。

昔のベタ基礎だったので、基礎の解体がそこまで苦戦することはなく、進めることができました。

試掘・整地

ここで大事になってくるのが試掘です。

丁寧な解体業者と、そうではない解体業者で一番差がつくのが試掘かもしれません。

地中に何か埋まっていないか1.5mほど重機で掘って確かめていきます。

もし、地中に何か埋まったまま建物の新築をする場合、建物が建てることができません。

工務店やハウスメーカーの新築の計画予定がずれ込んでしまい、引越しの予定を見直さなければならなくなったりする場合も考えられます。

土地の売却では、後々揉め事の原因にもなってしまいかねません。

今回は、特に目立った地中障害物は見当たらなかったので、施工管理としましてはほっとしました。

整地

試掘を終えた後は、整地といって重機で土地を均(なら)していきます。

こちらの解体工事は、約4週間の工事期間で、完工となります。

前面道路の狭い木造住宅はどこに解体を依頼すればいいの?

前面道路の狭い木造住宅解体の注意すべきポイントと、実際の解体の流れは掴めましたでしょうか?

最近は、弊社でもこのようなテクニカルな現場の解体のご依頼をいただくことが増えてきています。

前面道路が狭いだけで、解体工事は、気を遣う部分が通常の解体とは異なるポイントもいくつかございます。

住宅を解体するって、意外といろんなことに気を遣って工事をしているのがわかっていただけたかもしれません笑

お見積り時点で、事前に施工計画をしっかり説明してくれる解体業者に発注することをお勧めします。

「建物を壊して更地になってしまえば、どこに頼んでも同じ。」

そんなことはありません。

費用の比較ばかりで解体業者を選ぶと、こんなところで痛い目に合ったりします。

お客様が本当に信頼できる一社を探してみてくださいね。

【解体業者へ直接発注】解体費用を抑えながら高い施工技術を実現します


解体業界では、価格比較サイトがとても増えました。複数業者の相見積もりで価格を比較して、お客様に選んでもらうシステムです。

確かに、業者同士でお見積りを競い合わせれば、お客様のお支払いする解体費用は安くなると思います。

ただ、あまりに行き過ぎた価格競争によって、現在では本来必要とされる正しい施工計画で解体をなされない現場が増えてきている懸念を感じています。

価格比較サイトのデメリット
・価格比較サイトから解体業者に紹介料マージンが10~20%発生している
・一人親方や数人規模の業者が多いため、施工技術にムラがある場合がある
・解体費用は安くなる一方で価格競争になる分、施工管理が煩雑になる場合がある

総合解体業者へ直接発注のメリット
・価格比較サイトへの紹介マージンがかからない分、正しい施工計画を立てられる
・様々な現場を経験した職人による施工で安心した施工ができる
・鉄骨造やRC造の解体に必要な建機を自社保有するためレンタルのマージンをカット

解体業者へ直接発注で紹介料マージンを抑えながら、、、

騒音・粉塵など近隣への配慮が必要な現場
鉄骨造、RC造など専用の建機とアタッチメントが必要な現場
アスベストがあって規則に沿った対応をすべき現場

これらのご相談は特に、総合解体業者であるリプロなら、お客様も納得のいく解体施工をご提供できるかと思います。

解体は、ぜひリプロにご相談いただけると幸いです。

もし、お見積りのご依頼ございましたら、ぜひ弊社までご連絡いただけましたら幸いです!


<パートナー企業・協力会社様募集♪>

リプロでは、現在協業していただけるパートナー企業・協力会社様を募集しております。

工務店様、設計事務所様、不動産会社様、士業様など、お気軽にご連絡いただけますと幸いでございます。

<リプロの施工事例はこちらをご覧ください>

<リプロの解体の特徴はこちらをご覧ください>

RIPRO TEL and MAIL CONTACT 最短 即日対応します!

お電話の方は「HPを見たのですがお見積りお願いします」とお伝えください!

お電話受付時間 9:00〜18:00

見積フォーム

見積フォーム

見積フォーム

お電話の方は「HPを見たのですがお見積りお願いします」とお伝えください!

見積フォーム

ページの先頭へ戻る