道路計画整理事業の住宅の解体費用〜私道の方の協力編〜【通常よりも安く解体できる理由を解説】|東京・埼玉、解体のことなら 株式会社リプロ

道路計画整理事業の住宅の解体費用〜私道の方の協力編〜【通常よりも安く解体できる理由を解説】|東京・埼玉、解体のことなら 株式会社リプロ

メニューを開く

お電話でのお問い合わせ

これからの解体新書リプログRipro Blog

解体ネコ イラスト
2022/10/07

道路計画整理事業の住宅の解体費用〜私道の方の協力編〜【通常よりも安く解体できる理由を解説】

道路計画整理事業の住宅の解体費用〜私道の方の協力編〜【通常よりも安く解体できる理由を解説】

<解体業者が教える3つのポイント>
・道路区画整理事業の住宅の見積もりを公開
・解体費用が安くなるポイントを解説
・解体費用の内訳を解体業者がしっかりと解説

目次

1 見積り価格

2 道路計画整理事業用地の解体費用が安くなったポイント

 2.1 私道の奥の住民の方に許可を取って車両を駐車できた

 2.2 基礎・駐車場部分をブレーカー使用で早い解体ができた

3 見積り費用内訳の解説

 3.1 仮設工事

 3.2 解体・撤去工事

 3.3 解体材運搬・処分

4 まとめ

見積り価格

今回のお見積り金額は、1,925,000円となりました。

こちらは、道路区画整理事業の対象用地となり、木造住宅の解体を検討されていました。

実は、道路計画地の解体は、通常の解体費用よりも安く済む傾向があります。

今回は、道路区画整理事業の用地の対象となった解体の場合、どのようにして解体費用が安くなったのか解説していきたいと思います。

道路区画整理の住宅の解体費用ではなく、解体の流れを知りたい方は、こちらのブログをご覧ください。

道路区画整理計画用地の木造住宅の解体施工のメリット【区画整理エリアの解体の流れを解説】

道路計画整理事業用地の住宅の解体費用が安くなったポイント

今回の解体の対象は写真の通り、地下駐車場は狭く、他に建設車両を駐車するスペースがなかったので、、、

通常は近くのコインパーキングに産廃ダンプを止めて、解体材を現場から離れた場所まで運搬処理しなけてはならない現場でした。

その場合、解体材を小運搬する作業工程が追加されるため、本来は今回のお見積り金額より、10~20万円程は高くなっていた現場でした。

私道の奥の住民の方に許可を取って車両を駐車できた

ところが、この辺りは計画道路予定地で周りも解体が進んでいることから、、、

前面道路の私道の奥の方にご連絡すると、私道に駐車しても構わないとのお返事をいただけました。

通常は、なかなかそんなことはできないのですが、計画道路予定地で周りの解体が進んでいるため、このようにかなり融通してお話しをすることができるのです。

基礎・駐車場部分をブレーカー使用で早い解体ができた

今回のお見積り金額が通常よりも安く済んだもう一つの要因として、、、

基礎解体・駐車場のコンクリート土間の解体の際に、リプロでは騒音・振動の問題からなるべく使用していない重機のブレーカーを使用して解体を進めたことです。

ブレーカーを使用すると、独特なドンドンドンっといった揺れのような振動と騒音が辺りに響きます。

そんな騒音と振動を住宅地に発生させれば、区画整理エリアでもなければ、すぐにクレームが来て現場が止まってしまうのです。

特に、駐車場はRC造だったので、もしブレーカーを使わずに解体を進めていたら、解体費用はさらに10~20万円は違っていたかもしれません。

見積り費用内訳の解説

それでは、実際の見積もり費用の内訳を見ていきましょう。

仮設工事

建物外周養生組立て・ばらし 180,000円

重機回送費用          60,000円

防水設備           6,000円

仮設工事は、合計246,000円となりました。

仮設工事とは、工事が始まる準備のことをいい、建物を囲う養生や、建物を解体する重機を運ぶ費用を指します。

仮設工事においては、区画整理の土地だからといって特に金額に特別影響されるものはなく、住宅の解体にかかる一般的な費用と変わりはありません。

解体・撤去工事

内装解体           64,800円

屋根瓦撤去・下地手壊し  109,350円

躯体手壊し        105,300円

躯体重機解体       291,600円

建物基礎重機解体     109,350円

駐車場部重機解体     194,400円

ブロック塀・フェンス撤去   21,600円

試掘・埋設管撤去・整地    70,000円

解体・撤去工事は、合計966,400円となり、内訳は主に上記のようになります。

今回、注目したいのが、重機による解体費用の部分です。

通常は、近隣への騒音・振動をかなり配慮しながらの施工になるのですが、あたりは更地も多く、解体施工に慣れている住民の方です。

いつもより思い切って解体を進めることができるため、早く施工が可能になるので、特に重機を使った施工部分は通常より安く済んだと言えます。

解体材運搬・処分

木くず        121,500円

混合廃棄物類     300,000円

コンクリートガラ類  127,500円

解体材運搬・処分は、合計549,000円になります。

ここで注目してほしいのが、できるだけ木くずと混合廃棄物を分けていることです。

もし、内装解体をせずに、重機でぐちゃぐちゃにして解体をしていたら、、、

昨今処分費用が高くなっていた混合廃棄物で全て処理することになるので、分別解体をすることで、解体材の産廃処分費用を抑えているのです。

まとめ

いかがでしょうか?

道路区画整理事業の住宅の解体費用のイメージはつきましたでしょうか?

区画整理の解体の場合、隣地を使用して、解体費用を抑えるという方法もありますので、ご興味ある方はこちらのブログを参考にしてください。

道路計画整理事業の住宅の解体費用〜隣地の使用編〜【通常よりも安く解体ができる理由を解説】

<パートナー企業・協力会社様募集♪>

リプロでは、現在協業していただけるパートナー企業・協力会社様を募集しております。

工務店様、設計事務所様、不動産会社様、士業様など、お気軽にご連絡いただけますと幸いでございます。

<リプロの施工事例はこちらをご覧ください>

<リプロの解体の特徴はこちらをご覧ください>

RIPRO TEL and MAIL CONTACT 最短 即日対応します!

お電話の方は「HPを見たのですがお見積りお願いします」とお伝えください!

お電話受付時間 9:00〜18:00

見積フォーム

見積フォーム

見積フォーム

お電話の方は「HPを見たのですがお見積りお願いします」とお伝えください!

見積フォーム

ページの先頭へ戻る