お家周りのブロック塀など外構撤去はどこに頼めばいい?|東京・埼玉、解体のことなら 株式会社リプロ

お家周りのブロック塀など外構撤去はどこに頼めばいい?|東京・埼玉、解体のことなら 株式会社リプロ

メニューを開く

お電話でのお問い合わせ

これからの解体新書リプログRipro Blog

解体ネコ イラスト
2020/01/07

お家周りのブロック塀など外構撤去はどこに頼めばいい?

お家周りのブロック塀など外構撤去はどこに頼めばいい?

目次

お家の周りを囲うブロック塀やフェンス、カーポート、花壇などを撤去するなら、一体どこに頼めばいいのでしょうか?

そんなこと滅多にないので、わかりませんよね?

ホームセンター?

ハウスメーカー?

工務店?

一体どこに連絡すればいいのでしょうか?

ブロック塀など外構を壊せるのは解体業者

ホームセンター、ハウスメーカー、工務店に連絡すると、まずは提携の外構施工会社に見積りの依頼が行きます。

外構施工会社は、ブロック塀やフェンスの新設のプロでも、必ずしもブロック塀の解体と撤去に関してわかるとは限りません。

解体業者は、一般に大きな建物の解体を行うイメージが強いですが、結構お家周りの工作物の撤去をやってくれる会社もあります。

ですので、通常、外構施工会社から解体業者へさらに見積りの依頼がいきます。

そうなると、どうなるのか。

マージンが二重にのっかってしまうのです。

まずは、ホームセンターやハウスメーカー、工務店から、外構施工会社への見積りでマージンが発生します。

さらに、外構施工会社から、解体業者に見積り依頼する際に、さらにマージンが発生します。

例えば、10万円のブロック塀の撤去・解体の場合、

10万円×1.3(外構施工会社へ見積り依頼)×1.3=16.9万円

結構金額変わってしまいますよね(マージンは仮に30%と設定)?

そこでオススメしているのが、分離発注と呼ばれる方法です!

外構施工も分離発注

分離発注とは、新しくお家周りの工作物を新設する場合、通常古くなったブロック塀などある箇所に設置することになると思います。

そこで、

「壊す」と「新設」

を同じ会社に発注するのではなく、

古くなったブロック塀など既存の工作物の解体は、「解体業者」へ

フェンスや生垣など工作物の新設は、「外構施工会社」へ

といったように、発注先をお客様自身で選択することです。

ブロック塀撤去・解体の依頼は解体業者に直接がオススメ!

見積りをするなら、解体業者に直接依頼しましょう。

ある程度の規模の解体業者になると、自社ホームページを持っており、そこにプチ解体というお家周りのブロック塀やフェンス、物置、花壇など外構の撤去を行なっている業者があるので、探してみてくださいね。

フェンスや生垣新設の依頼は外構施工会社に直接がオススメ!

ブロック塀を解体した跡地に、フェンスや生垣の新設を検討する方も多いと思います。

解体業者は、解体はできても、新設は専門ではないことが多いです。

そのため、解体業者に見積り依頼すると、余計なマージンが乗っかってしまうため、フェンスや生垣を新設する場合は、外構施工会社へ直接依頼してみてくださいね。

外構解体撤去の解体業者の探し方

普段なかなか接点のない解体業者の探し方は、、、

「ブロック塀 解体」・「ブロック塀 撤去」

「フェンス 解体」・「フェンス 撤去」

「カーポート 解体」「カーポート 撤去」

「物置 解体」・「物置 撤去」

などこのように、インターネット検索で出てきた会社の施工事例などで対応可能かまずはチェックしてみることです。

HPの施工事例を見ると、だいたいこんな工事までやっているのかと、会社ごとの特徴が掴めて、解体業者の中にも住宅の外構撤去をやっていることがわかると思います。

後はHPの会社の雰囲気や、電話やメールをしてみて問題なさそうか確認してくださいね。

プチ解体ならば見積もりはすぐ!

外構の撤去を行うプチ解体であれば、住宅解体とは異なり、現地調査を行わずに、写真と電話で見積もり金額のご提示が可能です。

まずは、お気軽に現地の解体対象物の写真をお送りくださいね!

<老朽化したブロック塀の解体・撤去の流れ>

ブロック塀の実際の撤去の流れはこちらのブログで解説していますので、気になる方はご覧ください。

<リプロの施工事例はこちらをご覧ください♪>

<リプロの解体の特徴はこちらをご覧ください♪>
 

RIPRO TEL and MAIL CONTACT 最短 即日対応します!

お電話の方は「HPを見たのですがお見積りお願いします」とお伝えください!

お電話受付時間 9:00〜18:00

見積フォーム

見積フォーム

見積フォーム

お電話の方は「HPを見たのですがお見積りお願いします」とお伝えください!

見積フォーム

ページの先頭へ戻る