解体現場のうるさい音と振動の原因|東京・埼玉、解体のことなら 株式会社リプロ

解体現場のうるさい音と振動の原因|東京・埼玉、解体のことなら 株式会社リプロ

メニューを開く

お電話でのお問い合わせ

職長ブログ

2021/10/06

解体現場のうるさい音と振動の原因

解体現場のうるさい音と振動の原因

こんにちは!

中・大型施設解体の職長です。

工事現場を見ると、、、

「なんか、ここはやたらうるさい現場だな」

「あれ?意外とこの工事現場は静かだな」

なんて気づくことはありませんか?

解体現場で特に音と振動が大きくなるが、「ブレーカー」という先端が尖ったアタッチメントを使ってコンクリートを割っていく作業なのです。

写真のように、前面道路が狭いと、ミニユンボしか入れられないため、ブレーカーを使っての作業が発生してしまいます。

「ブレーカーを使う場合、近隣の住民の方に、必ず事前にご挨拶をさせていただいています。」

「ドンドンドン」「ガンガンガン」といった何か突かれるような音と振動が何時間も近所に響くのです。普通の大人なら、1時間もすれば頭痛も起きますし、隣の人とも会話もできないような状況が続くのです。

業者さんによっては、とにかく工期を短くしたいからと、ブレーカーを多用するところもありますが、リプロでは、音と振動が大きくなってしまうブレーカーは極力使いたくはありません。

お客様の中には、解体はとにかく工期を短くして、見積りを安くしたいというご希望もあるかと思います。

ですが、近隣住民の方からのクレームやトラブルの方が、今後その建物に住み続けたり、オフィスとして使ったりするのであれば、長年に渡って近隣の方との関係を壊してしまうことの方が、よっぽどお客様にご迷惑をおかけしてしまうです。


リプロでは、とにかくまず、安心・安全施工を大事にしています。

RIPRO TEL and MAIL CONTACT 最短 即日対応します!

お電話の方は「HPを見たのですがお見積りお願いします」とお伝えください!

お電話受付時間 9:00〜18:00

見積フォーム

見積フォーム

見積フォーム

お電話の方は「HPを見たのですがお見積りお願いします」とお伝えください!

見積フォーム

ページの先頭へ戻る